大きな利益より確かな達成感
お客様からいただく
本物の「ありがとう」が資産になる

長年不動産を取り扱う仕事を続けてきて、次々に販売される建売住宅の変化のないデザインや仕様に虚しさを感じていました。同じような作りの家が狭い土地に立ち並んで、いつの間にか街が出来上がってしまう。それも、猛スピードで。そして、後を絶たない激安住宅の欠陥建築問題。
そんな状況を少しでも変えたい。同じ価格帯で、品質が良く個性もある住宅ができるのでは?そう考えたことが、友和ホームの住宅建築販売のはじまりでした。
他メーカーと比較して「低価格は安い建材だから?」とか、「工事の質を下げているから?」「追加費用がかかるのでは?」など、要するに「この価格で本当にいい家が建つのか?」といったご質問をよく受けます。
そこで、当社が「友和スタイルの家」をご提案できるようになった経緯と、私の考え方をお話ししておこうと思います。

脱!「安かろう・悪かろう」
無駄を省けばいい家は必ず建てられる

住宅建築のコストには、純粋に建築にかかる費用のほかに、「広告宣伝費」「営業費などの人件費に代表される企業の維持費」などが加算されます。それは、会社が大きければ大きいほど、コマーシャルが多ければ多いほど膨大です。よく「大手は材料などを一括仕入れするから、コストダウンが可能です」などのセールストークを耳にしますが、それ以上に「諸経費」分が上乗せされているという現実があります。この経費が無かったら、確実にその分コストは下がるはずです。

また、価格競争になればなるほど「宣伝」や「営業」にウエイトが偏るので、場合によっては材料の質を下げたり、建築を請け負う会社にしわ寄せがあったりする=モチベーションの低下を招く。もちろんお客様の知らないところで・・・恐ろしいですね

規模ではなく実力
秘密は技術とアイデアのネットワーク

少なくとも友和ホームは、成瀬駅前の小さなオフィスに社員は私ひとり。余分な人件費は必要ありません。お茶出しもコピーも全部自分でします。まさに少数精鋭(笑)

幸い当社の物件は、口コミや、建築中の現場またはホームページからのお問い合わせがきっかけでご契約となるケースがほとんどなので、宣伝広告は特に必要ありません。

設計や施工に関しては、これまでのネットワークを生かして、高い技術を持った職人気質のメンバーを揃えています。「大手の締め付けに甘んじて腕を発揮できないくらいなら、面白い仕事がしたい」という仕事人集団なので、「こうしたら、もっと良くなりますよ!」「こんなこと、やってみませんか!」なんてアイデアがどんどん出てきます。腕を振るえばさらに技術は向上する。だから、みんな誠心誠意現場に打ち込むんです。

建材や部材も、いいものをダイレクトに仕入れて販売している協力会社があります。同じものが大量に手に入らない場合もありますが、だからこそ逸品が格安で手に入るというメリットもあります。 輸入タイルや木製のペーパーホルダーなども、その一部です。

年間限定12棟
それが最大の相乗効果を生む分岐点

社の家づくりを理解してくださるお客様と、丁寧に仕事をしたい技術者、いい材料を中間マージンなしで調達できるルート、そしてご相談からお引渡しまでを担当する私、その全員が心をひとつにすれば、本当にいい住宅が生まれます。
お客様に「感動」と「喜び」を提供し、なおかつ私たち売り手(つくり手)にも多少は利益が出るというラインを維持するには、年間に12棟の建築が丁度いい。それ以上になれば、職人も材料も行き届かなくなる。何より、私が自分自身でそれぞれのお客様と、納得のいくコミュニケーションがとれなくなってしまいます。そうすると「友和スタイルの家」は成立しない。 だから、お客様にお待ちいただくことになっても、年間12棟を守り続けています。
もちろん、それ以下になってもチームを維持することが厳しくなりますが、おかげさまで今のところ、毎年12棟の実績をクリアしています。

毎年12軒のご家族と知り合う
その積み重ねが確かな実績につながる

これまで、たくさんのお客様に「友和スタイルの家」を手渡してきました。その全てが、それぞれに違った提案の家であり、当社ならではの工夫とアイデアの結晶です。 その住宅にお客様が入居され、家が鼓動を始める瞬間に、毎回新しい感動を覚えます。お客様から届いた「ありがとう」を、チーム全員で共有し、次の家づくりへのエネルギーにします。これを繰り返すことで、私たちは成長し、より質の高い「家づくり」にチャレンジすることができます。

いい家づくりは環境の創造
三方良しの考え方を守り続けます

三方良しとは、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるという、近江商人の心得です。現代社会の流通で、見直さなければならない点でもありますね。
住宅建築は「街づくり」でもあります。景観や環境にも配慮しながら、お客様が幸せに暮らせる家を、やりがいを感じながら造ってお届けする。このバランスこそが「友和スタイルの家」の最大の秘密かもしれません。
どうせ家を建てるなら、価格だけで満足する家より、予算内で期待以上の満足を感じられる家のほうが、楽しく暮らせると思いませんか?

実邸見学・完成見学をご希望の方は、お電話またはWebフォームからご連絡ください。