従来のアーバンナチュールシリーズを更に進化させた新シリーズ

年間の日射し、通風を 最大限活かした最上級の住まい

寒暖の差が激しく湿度の高い日本の風土において、「夏涼しく」「冬暖かい」の両立は、住宅建築における大きな課題でした。 友和ホームの「パッシブ・ナチュール」シリーズは、自然素材の建物に太陽の光と熱、風の流れを意識した設計デザイン(パッシブデザイン)を取り入れることで、一年を通して快適な暮らしを実現しました。 立地環境に最も適した設計デザインで、設備に頼らない省エネ・省コストな暮らしをお届けします。

POINT① 太陽の光と熱を効率よく捉える構造

窓や庇(ひさし)の位置は、室内の明るさ、暖かさに大きな影響を及ぼします。 「パッシブ・ナチュール」は、立地条件を分析して導き出したプランにより、夏の日差しはカットし、太陽の低い冬でもふんだんに光を採り入れて自然の暖かさを保ちます。南側の大きな窓に対して北側の窓は熱気を逃すなど、冷暖房のコストを極限までカットするエコ仕様です。

dummy dummy

POINT② 空気の流れを生み出す窓の位置・大きさ

「パッシブ・ナチュール」は、通風・創風(温度差換気)を意識した最適な位置に窓を配置することで、家の内部に空気の流れを作ります。室内の空気が循環すると、壁の珪藻土が持つ調温・調湿効果を高めるだけでなく、ホルムアルデヒドなど有害物質の停滞を防ぐことができます。

「創風」による自然の換気

暖かい空気が自然に上昇する性質を利用し空気の流れを作ります。風がないときでも外部の涼しい空気を取り込むことで快適な暮らしが期待できます。

吹抜など天井が高い部屋の方が温度差が大きくなるので、より効果的です。

窓を開けるだけで風を生む「ウインドキャッチャー効果」

窓の設置位置”と“窓の開け方”によって、通常の10倍に近い通風量(換気)を得ることができます。 夏や冬、風のある時ない時など、どのように窓を開けたら良いのか、建築地の条件を元に計算し、わかりやすい書面(暮らし方提案シート)でご提示します。

  • 風がある時に開けたら良い窓と空気の流れ

  • 風が無い時に開けたら良い窓と空気の流れ

POINT③ 湿度をコントロールする自然素材

光と風の恵みを採り入れるパッシブ・ナチュールは、調湿効果にも優れています。自然から生まれた「珪藻土」もそのひとつ。室内の壁という壁すべてに採用する珪藻土は、湿度をコントロールするだけでなく、生活臭を解消し空気をキレイにします。 太陽の光と暖かさ、自然風による空気の流れ、珪藻土による調湿効果で、一年中快適な室内環境を保ちます。

パッシブ・ナチュール仕様

  • 珪藻土

    調湿・消臭など室内環境を快適に保ちます

  • ウインドキャッチャー

    室内に空気の流れを創り換気を促します

  • 発泡ウレタン断熱

    現場発泡材が高い断熱効果を発揮します

  • Low-E入りペアガラス

    窓は遮熱・断熱効果の高い機能性複層ガラスです

  • 熱交換換気扇(LDKのみ)

    熱交換による省エネ換気プラス空気清浄

  • 無垢材

    身体に優しく高級感のある自然素材です

実邸見学・完成見学をご希望の方は、お電話またはWebフォームからご連絡ください。